名古屋大学東洋史研究会会則

第1条 本会は名古屋大学東洋史研究会と称する。

第2条 本会は会員の研究の向上を図りその成果をひろく内外の学界に発表して東洋史学の発展に寄与することを目的とする。

第3条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 会誌『名古屋大学東洋史研究報告』の発行
  2. 研究会・討論会および講演会の開催
  3. その他

第4条 本会は本会の目的に賛同し所定の会費を納入するものを会員とする。

第5条 本会には次の役員をおく。
任期は1年、監査委員を除き再任を妨げない。

  1. 代表 1名 東洋史学研究室の代表者が当たり、本会を代表する。
  2. 運営委員 5名以内 運営委員会を組織し、本会の運営にあたる。
  3. 監査委員  1名 本会の会計を監査する。

第6条 総会は毎年1回代表が招集し、旧年度活動報告の承認・重要案件の議決・新年度活動方針の承認などを行い、委員を選出する。

第7条 本会の運営は総会で決められた方針にもとづき運営委員会が行う。
運営委員会については別に定める。

第8条 運営委員会は、本会の運営を円滑にするため、限定された範囲内での業務を、運営委員会によって指名された協力者に委任することができる。

第9条 本会の運営に必要な経費は原則として会費および会誌収入によってまかなう。

第10条 本会の会計年度は、4月1日から3月31日までとする。

第11条 本会の会費は年額5000円とする。
但し学生(正規学生)は年額3000円とする。

第12条 本会の事務局は名古屋大学文学部東洋史学研究室に置く。

(付則) 本会則は1976年11月1日より施行 2019年4月27日改正


名古屋大学東洋史研究会運営委員会細則

  1. 運営委員会(以下委員会という)には委員の互選によって以下の役職を置く。
    • ◇委員長(委員会を主宰する)
    • ◇副委員長(会誌の編集を主として担当する)
    • ◇副委員長(会務を主として担当する)
  2. 委員会は委員長が召集する。委員会の定足数は委員数の過半とする。
  3. 委員会は、必要に応じて、会則第8条に規定された協力者を加えた拡大運営委員会を開くことができる。
  4. 委員会は『名古屋大学東洋史研究報告』の編集委員会を兼ねる。
  5. 代表は委員会に出席し、意見を述べることができる。
  6. 本細則の変更は委員会が行い、総会で承認を受けるものとする。
  7. (2019年4月27日総会承認)